お知らせ

鹿児島県重症神経難病小児の会 第2回交流会のお知らせ

2019-11-26

すっかり朝晩も冷え込み、冬支度が必要になってきました。冬への準備はお済みでしょうか?

さて表題の交流会が12月14日(土曜日)に南九州病院で開かれます。

ミニクリスマスコンサートやハンドマッサージの提供などのイベントも楽しめます。また日常生活での困りごとや介護、生活支援等気になることはたくさんあるかと思いますが、ご家族同士でお互いに話す場所もなかなかないかと思います。

県内の希少難病と向き合うご家族の方、情報交換の場としてぜひご活用ください。参加希望の方は松岡様までご連絡くださいね。

11月24日(日)当番医です。

2019-11-23

11月24日(日)は当院が休日当番医を担当致します。

☆受付時間は午前8:30~11:30、午後13:30~17:30です。Web予約は行いません。

☆診察は原則来院順に行います(重症患者さまはこの限りではありません)。

☆体重によって内服量が変わります。体重をご確認くださると助かります。

24日は雨が予想されています。灰もひどいですね。足元も悪くなると思いますが、お気をつけてご来院ください。

よろしくお願いいたします。

野田聖子先生ありがとうございました。

2019-11-21

本日も良い天気ですね。

昨晩は院長が代表を務めています、鹿児島小児在宅ケア・人工呼吸療法研究会の主催する、記念講演会が行われました。約250名の参加があり、大盛況となりました。『これからの障害児者医療・福祉について』と題した、野田聖子衆議院員によるご講演では、一生寝たきり、声も出せない、いつ亡くなってもおかしくない、と言われたご子息に、医療的ケアを施しながら、成長のたびにぶつかる様々な医療・福祉・教育の壁を、当事者の視点から語られ、多くの共感とともに、希望や力をいただきました。

それに先立ち、私たちのらららこどもクリニック、医療型特定短期入所施設るるるも視察していただきました。鹿児島でもまだまだ不足するレスパイト施設の重要性や、呼吸器をつけた医療的ケア児が登校できないことなどの多くの問題点を共有していただきました。鹿児島でも、みやじ拓馬衆議院議員がこの分野にも興味を持っていただいており、医療的ケア児の学校登校を含めた在宅支援をともに進めていきたいと考えてくれています。

医療的ケア児をとりまく問題も多いのですが、今回の講演会を機に、参加者の皆様にも一緒に会を盛り上げていってくだされば幸いです。野田聖子先生ありがとうございました。

11月15日(金)午前診療代診のお知らせ

2019-11-10

朝晩がめっきり冷えますね。風邪をひきやすい季節です、体を冷やさないようにしてあげて下さい。

さて11月15日(金)の午前中は院長勉強会で不在のため、上野さやか先生の代診になります。ご了承のほどお願い致します。

野田聖子議員が障害児者の医療・福祉について語られます

2019-11-01

11月に入り、今年ももう先が見えてきました。早いものですね。

さて、院長が代表を務めています、鹿児島小児在宅ケア・人工呼吸療法研究会では、野田聖子衆議院議員をお招きして、11月20日(水)19時より鹿児島県医師会館にて『これからの障害児者医療・福祉について』と題して、第43回記念講演会を行います。

与党衆議院議員として活躍する一方で、 不妊治療の末に一児の母となり 、 医療的ケアを受けるご子息の子育てを行っています。  子育て支援政策等の分野でも精力的に活動を行っており、当事者としての話や、今後の障害児者医療・福祉についてのお考えを聞ける大きなチャンスです。入場は無料となっておりますのでたくさんの方においでいただきたと思っています。ご興味のある方は、lalala@lalalakodomo.jpまでご連絡ください。よろしくお願い致します。

« Older Entries Newer Entries »

PAGE TOP